大分県・大分空港 -Oita Airport-

Airports

九州北東部に位置する大分県の空の玄関口である大分空港は、県北東部の国東(くにさき)半島東部の沿岸海域を埋め立てて建設された海上空港。県の中心地である大分市からは約52km、温泉で有名な別府市からは約37kmのところにある。また、アジア初の水平型宇宙港としての活用が検討されている。

空港概要

大分空港は、九州北東部にある国東半島東部の沿岸海域を埋め立てて建設された海上空港で、国管理空港として区分されている。

ほぼ南北に伸びる滑走路は3,000mあり、奥行きのあるエプロンも整備され、大型ジェット機の就航も対応可能となっている。1992年に国際線旅客ターミナルビルが、1996年には新貨物ターミナルビルが供用開始している。

国内線はかつて新千歳や広島、鹿児島、那覇など主要都市に定期就航していたが、需要減少に伴い、現在は羽田、伊丹、中部、成田の4路線のみとなっている。

国際線については、ソウル(仁川)、台湾、プサン(金海)、ムアン(務安)の4路線に就航しているが、コロナによる影響で現在はソウル(仁川)のみの運航となっている。

正式名称大分空港
住所大分県国東市安岐町下原13
空港種別国管理空港
Webサイトhttps://www.oita-airport.jp/
アクセスJR大分駅からバスまたは車(高速経由)で約60分
JR別府駅からバスまたは車で約53分
JR中津駅からバスまたは車で約110分
駐車場2箇所
・営業時間:24時間
・収容台数:770台以上
・料金:30分無料、1時間100円、1時間半200円、2時間300円、
以降1時間毎150円 最大料金(24時間)500円
※館内の対象店舗にて3,000円以上の利用で90分無料の割引サービス有
滑走路1本
3,000m×45m(01/19)
敷地面積148ha
就航路線8路線(国内線:4路線,国際線:4路線) ※2023年7月18日時点
利用エアライン9社 ※2023年7月18日時点
3レターコードOIT

輸送実績(2021年)

総発着回数18,068回
総旅客数737,104(国内線:737,104,国際線:0)
貨物量2,669トン

参照元:国土交通省 空港管理状況調書 令和3年分

ターミナルビル概要

ターミナル数1
運営会社大分航空ターミナル株式会社
面積規模18,614㎡
運用時間15時間(7:30〜22:30)

沿革

1938年大分市今津留に大分海軍航空隊基地として建設
1957年長さ1,080mの滑走路を有する第2種空港として供用開始
1971年新大分空港として現在の場所に滑走路2,000mで供用開始
1973年新大分空港から大分空港へ名称を変更
1982年滑走路を2,500mに延伸し大型ジェット機の就航に対応
1988年滑走路を3,000mに延長
1992年国際線旅客ターミナルビルが供用開始
1996年新貨物ターミナルビルが供用開始
2002年旅客ターミナルビルを増改築リニューアル

参考文献/URL

航空:空港管理状況 - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。
Pages
大分空港 Welcome to Oita Airportとは
大分航空ターミナル株式会社
大分空港旅客・貨物ターミナルビルを管理・運営している大分航空ターミナルの公式ホームページ。大分の空の玄関口として、国内・国外からたくさんの方をお迎えする、快適な時間・空間を創造します。

世界の空港辞典 (編著:岩見宣治,唯野邦男,傍士清志,2018)

コメント

タイトルとURLをコピーしました